Home > 未分類 > 大泉山登山

大泉山登山

4 月 17th, 2017

きのうの日曜日、孫娘が子供たちと保護者も交えて「原っこの森」というところで一日遊ぶということだった。

お弁当や豚汁の野菜を用意し、彼女がリュックを背負った途端、ギャビがピョンピョン跳ねてハシャギだした。

リュックを背負うということは、皆で山に行くことだから、当然自分も連れて行ってもらえると思ったようだ。

子供とその父親がクルマで出たあとのギャビは、尻尾がだらんと垂れ下がり、傍目にもしょんぼりしている様がアリアリだった。

不憫に思った私は、隣のおばさんを誘って近くの里山へ行くことにした。

これ見よがしにリュックを背負って。

もちろんギャビは大喜びであった。

もう何十回と来ている大泉山であったが、久しぶりだったせいかギャビは先頭になってキビキビと登り、しばらく先に行くと私たちを待っている。

私も隣のおばさんも途中までのつもりでいたが、ギャビに連れられ頂上まで登ってしまった。

私は今年の7月で10歳のギャビと一緒に老いている気になっていたが、どうやら私の方が老いのスピードは速そうだ。

それはとっても嬉しいことだと心底思える。

私はギャビが可愛くてたまらない。

これほど無条件に愛しいとおもえるものが他にあろうか!

Comments are closed.