Home > 未分類 > 5時過ぎの散歩

5時過ぎの散歩

7 月 31st, 2017

暑いので散歩は夕方に限る。

ギャビもスタスタ歩く。

花盛りの庭の一画にギャビを座らせ写真を撮る。

ファインダー越しのギャビが嬉しそうにしているので、私も嬉しくなる。

と思ったら早速ウンをした。

慌てて回収したが、この家の人に見られはしなかったかとヒヤヒヤした。

でも、まあ友達だからいいか。

10歳のギャビはもう初老である。

10年前の「ワルギャビ」時代が思い出され思わず笑ってしまう。

ふっと自分の若く未熟な頃が思い出され、恥ずかしくなる。

今はいいなあ。

この現実の世界であるがままの自分と折合い、不完全な人生を肯定し、ちょっと喜劇的な精神で日常を過ごすことができる幸せを思う。

いうなれば、己の内なるロマン主義的なものを相対化できる現実主義を身に付けながら、その上でなお芸術や哲学への関心も持ち続けているということである。

Comments are closed.