Home > 未分類 > 午後の散歩

午後の散歩

3 月 25th, 2018

午後の散歩は孫も一緒に行くという。

春休みで時間を持て余しているらしい。

「春休み帳という宿題がなければもっと楽しいのに〜」と彼女は道々私に訴えた。

「やらなければならないものはサッサと済ませなさい」。なんて私は自分が夏休み帳も、冬休み帳も、春休み帳もロクにやらなかったことには口をつぐみ、常識的なオトナの言でやりすごす。

3体でブラブラ歩きながら周囲を見回すと、雪はまだ残っているものの陽射しは春のそれだった。

そのうち彼女がスキップをしながらみるみる遠ざかって行った。

そうかあ、スキップなんて60年くらいやっていないなあ、よし!私も、ということで最初の一歩をジャンプで踏み出した。

ところが孫のように軽やかに跳べず、何かに追い立てられ、ドタバタと逃げて行くような不格好な様になってしまった。

ギャビはそれに伴走するどころか怯えて四肢を踏ん張った。

思い出せば子供のころによくやったけど、成長するにつれてやらなくなったものがまだまだ多くあるはずだ。

本格的な春の訪れとともに、遠い昔の記憶が呼覚まされそうだ。

なぜなら、植物や虫が一斉に動き出すと、それに伴う子供の遊びは飛躍的に増えるからだ。

Comments are closed.