Home > 未分類 > みんなで山歩き

みんなで山歩き

6 月 3rd, 2018

良く晴れた休日に、家族4人と隣のおばさんとで山歩きをした。

写真は息子の連れ合いが撮ってくれた。

自分の後ろ姿など見ることがないので、喘ぎながら登っているのがよく見えて面白い。

自己を客体化して見るときは、無防備な後ろ姿こそがいいのかもしれないと思った。

ここは私たちが住んでいるところより標高が高いので、新緑真っ盛りである。

クリンソウが咲き始めていた。

かろうじてここは大量の盗掘盗採を免れているが、それでも減ってきた。

あと2週間もしたら大群落が見られそうだけど、また行く元気はないだろうなあ。

深山草いちごが咲く草地でお昼ご飯にした。

孫娘は最初この場所で食べることを渋った。

理由は、いずれここでまたこの草いちごの実を食べるつもりだったので、花が踏み荒らされるのを嫌がったのだ。

つまり収穫量が減るのを気にしてのことだった。

以前食べて美味しかったことを、ちゃんとおぼえていたのだ。

山娘になったなあ。

ギャビのごはんは真っ先に用意した。

ここはギャビにとっては慣れた場所なので、それほど楽しそうには見えなかったけれど、お弁当の時間だけは嬉しそうだった。

帰り道になると、ギャビは帰りたくないことを全身で表す。

私たちが歩き出しても、辺りをウロウロしながら時間稼ぎを図る。

ギャビの大好きな隣のおばさんが先に行ってしまっても、その場にとどまるギャビ。

仕方がないので私が戻って説得すると、ようやく歩き出した。

彼は諦めはいい方で、かつ明るい性格なので、その点では苦労しない。

隣のおばさんが立ち止まって見上げる先は、エゾノコリンゴの花。

この辺にはまだまだ木に咲く花が残っている。

孫娘に太くて瑞々しいイタドリの茎を食べさせると、「酸っぱい!でもジワジワと旨さが伝わってくる。登りながら喉が渇いたらこれを食べるといいね」と的確な判断をした。

山ガールになってきた。

Comments are closed.