Home > 未分類 > 毒の花

毒の花

6 月 4th, 2018

キングサリ(金鎖)の花が咲いた。

フジの花に良く似ているけれど蔓性ではないので扱いが楽だ。

しかもアルカロイド系の毒が木全体にあるから虫もつかない。

だからほったらかしで良いのだ。

トシを取るとこのキングサリとかトリカブト、ジギタリス、ヒガンバナ、チョウセンアサガオなど毒のある花に惹かれる。

思うにこれは一種の「自暴自棄」なのではないだろうか。

あとは野となれ山となれ、と言った風な。

更に言えば、あとは死ぬだけよ、ということ。

他人が自分に何を求めていようと、この世の規範がどうなっていようと、時にはそれを平然と無視できる力を、これらの毒の花を通して私は身につけたいと思うのである。

これこそが老人力でありよく生きるコツなのだ。

それは私の生をいとおしむことでもある。

危険か?

Comments are closed.