Home > 未分類 > きょうも充実した一日

きょうも充実した一日

6 月 13th, 2018

猫も犬も撫でられるのは大好き。

テスは孫娘に撫でられウットリ。

ギャビは隣のおばさんに、首のうしろのツボマッサージをされてデレデレ〜。

この2枚の写真は一週間前のもの。

あっと言う間に日にちが過ぎてゆく。

暑かったり寒かったりする6月。

きょうはクルマもないし誰もいない。

買い物にも行けず不自由だけど、まあ夕飯のおかずは手抜きできるからいいか、と考え直した。

しかし自分のお昼ご飯はどうする?

豚肉が冷蔵庫で眠っているけど、これは今晩の家族用だしね。

しかたがないのでご飯を炊いて、きのう焦がして捨てようかと迷ったけれど、そのままにしておいた厚揚げの煮物を、焦げたところを剥がして一品とした。

味噌汁もつくったけれど、具はわかめだけ。

惨めだなあ、と思ったけれど、卵かけご飯を腹一杯食べて満足した。

そう、私は自分に与えられていないものは欲しがらないのだ。

この惨めさを払拭するためには“意識高い系”の女になるしかない。

そこでかつて挫折した『資本論』に再度挑戦してみた。

今さら資本論なんて、というなかれ、今だからこそ必要なのだ。

私には実学がないのだから、プロレタリアートとして経済から知らなければならない。

若いころよりは読めるのだけれど、それでも難しいことに変わりない。

いつの間にか私は寝っころがって、かる〜い本を読んでいた。

ああ、私は自分の理解力や想像力の及ばない世界には手を出さないことにしよう。

先は短いんだからもっと楽しいものを読もう、と思うと同時にいやいや先は短いんだから今こそ読むべき!という思いが錯綜する。

マルクスさんごめんなさい。

私はヒヨッテしまいました。(ヒヨッテなんて老人にしか分らない言葉だろうな)

Comments are closed.