Home > 未分類 > 一日中雨の日に

一日中雨の日に

6 月 20th, 2018

本日は雨。

一日中降っていた。

従って犬の散歩は雨が小降りのときを見計らって、オシッコに出してやるだけだった。

パソコンの中の写真を見ていたら、去年の今頃ギャビを連れた隣のおばさんのものが出てきた。

犬の散歩があるから仕方なく外に出るのだが、きょうのように緑の公園や散歩道に行けないとちょっと寂しい。

先日松本から来た友人が「こんなところに住んでいたら長生きしてしまうわね」と言った。

私の関心は自然より人間や犬猫書物にあるのだが、こうしてこの辺りの風景を小さな写真を通して見ると、改めて良さを見出せる。

そうだ私はこんないい所に住んでいるのだ。

私は自分に与えられたものを最大限に活用することこそが、悟達者の行く道ということに気づいた。

明日は雨もあがるそうだから、朝一番に歩いてこよう。

その際犬は連れて行かない。

なぜなら自然と一体化したり、客観的に眺めたりするとき、犬が一緒だと意識が常に犬にいっているから、そういうことはできないのだ。

ひとりでいることは、これに限らず多くのものを発見したり与えられたりするものだ。

Comments are closed.