Home > 未分類 > 香りについて

香りについて

5 月 26th, 2019

当地は今、木に咲く花の香りに満ちている。

ズミ、ライラック、リンゴ、ウワミズザクラ、リキュウバイとほとんどは白い花である。

ライラックも白花の方が断然香りが強い。

そんな良い香りに包まれて、私はこの世の幸せを満喫している。

老人になると嗅覚から弱るそうだが、まだまだこの喜びは私から離れていないようだ。

恩師の奥さんから、ご自分がお書きになった書評が送られてきた。

相良嘉美著『香料商が語る東西香り秘話』(ヤマケイ新書)という本についてである。

非常に面白く、これは私のために書かれた本だなあ、と思ったくらいである。

人類が最初に神に捧げるものとしたのは、焚香と香油だった。香油から香水に発展したのは、アラブのアルコール蒸留技術が中世ヨーロッパに伝わってからであるという。

この本をさっそく通販で注文した。

私は、もう何十年も前にフランスに行ったことがあるが、美術館以外でまた来たいと思った所は南仏だった。(もちろんその後もこの先も行くことはないだろう)

特にこの本にも紹介されている、香水の街グラースには仰天した。

街中が香りに満ちあふれ、いたるところに花が咲いているのである。

色気とは無縁だった私が、はじめてこの時香水に目覚めた。

その後買い求めたのが、ゴーギャンが移住した南太平洋フィジーをイメージしたギ・ラ・ロッシュの『フィジー』だった。

セクシーさとは無縁な爽やかな香りである。

若い時、香水を人前で使うことはなかったが(デートの時でさえ)今は風呂上がりに『フィジー』だけをほんの少し使い、安眠を得ている。

私は宝石も香水も身に付けることはないが、どちらも好きである。

まあ、自分だけの密やかな楽しみというところか。(ピアノも)

ボクは香水は大キライだよ。

香水じゃなくて汚水だね。

Comments are closed.