Home > 未分類 > チョビスケとココタ

チョビスケとココタ

5 月 20th, 2019

ポメラニアンのチョビスケ。

これは去年の写真です。

チョビ君は帰る日の朝、突然具合が悪くなってしまいました。

元々心臓が悪かったのですが、標高の高い当地で血圧に変調を来したのが原因でした。

大急ぎで帰宅し、かかりつけの獣医さんのところで診てもらって事なきを得ました。

保護犬でもう12歳くらいになるので大事にしないとね。

初めはチョビの賢さゆえ、ずいぶん警戒して慣れてくれませんでしたが、今は私たちにもすっかり心をゆるして甘えてくれるようになりました。

もっともっと長生きしてね。

今回はチョビの写真を撮ることができなくて残念でした。

当方のホームページにいる3頭の犬のうちのボーダーコリー(コタツ)の亡き後、今の飼い主さんのところに来たココタ。

この子も保護犬です。

何のミックスかしらねえ。

孫にダッコされた生後8ヶ月のころのココタ。

すっかり大きくなりました。

帰る日の朝、クルマに乗りたくない!と逃げ出したココタ。

でも、オトウサンに捕まえられてダッコされ、しぶしぶクルマに収容されました。

ノビノビ自由に楽しく育っています。

姫リンゴが花盛り。

秋には小さいけど美味しい実が食べられそう。

5月はいいなあ。

Comments are closed.