Home > 未分類 > 諏訪大社の藤の花

諏訪大社の藤の花

5 月 18th, 2020

朝食後、ヨメゴのおチエと隣のおばさん、そして私の3人で二つある諏訪大社の前宮(古い方)に行って来た。

といってもコロナ終息を願ってのお参りに行ったわけではない。

前宮の本宮の後にある山藤の花を見に行ったのだ。

まだ少し早かったので花が藤色に染まってはいなかったけど、それでも大木にからみつく藤は圧巻だった。

買い物以外で外に出たのは初めてだった。

といってもクルマで25分くらいの場所。

緑が美しく、境内の空気はひんやりとして気持ちがよかった。

昼食はすぐ前の林の中から摘んできた、香りの良いウコギの葉っぱを茹でてウコギ飯にした。

きのう女4人で摘んできたワラビのアクも抜けたのでお浸しにした。

その他に、干し椎茸と高野豆腐の煮物、人参、牛蒡、豚肉の炒め煮。

茶色い地味な食事だけど、意外なことに6年生の孫娘は、どれもこれも嫌がらずによく食べる。

丈夫に育っているわけだ。

当方ではこういった食事を「ケンコウメシ」と呼んでいる。

“コロナ休み”は食べることが中心になっているので、料理をよくする。

明日は雨だというので草刈りはまた今度。

Comments are closed.