Home > 未分類 > 6月19日金曜日

6月19日金曜日

6 月 19th, 2020

雨が降って寒い。

ここは梅雨明けまでは結構寒い日がある。

庭仕事はお休みなので、この辺りの野蕗でキャラブキを作ったり、やっと採れはじめた破竹というアクの少ないタケノコを使って料理をしている。

この地に住んで40年あまり、はじめは「美味しいものなんか何もありゃしない、この先私の食生活は真っ暗だわ」なんてボヤいていた。

お客さんにお出しする食材は、野菜以外は一週間に一回やってくる東京中村屋の肉や魚、パンの冷凍食品素材がメインだった。

それが今や肉でも魚でも何でも手に入る。

それに加えて地元でしか手に入らない山菜がたくさんあるということを知った。

お客さんが送って下さったご自身の著書『天然ごはん』のおかげでこの辺りの厄介者、アケビの新芽とか野生のホップの新芽などとても美味しい食材があることを知った。

根は残して芽は食べ尽した。

ワラビやタラノメ、山ウドばかりが山菜ではない。

今年はこの本に出ている野草や山菜、ニンニク味噌などたくさん料理して食べた。

いつからこんなにマメマメしく料理をするようになったのだろう。

生来の食いしん坊が“コロナ引きこもり”で拍車をかけ、私を料理へと駆り立てた。

料理といっても毎日の食事のおかず作り程度の、地味なもの。

栄養バランスだけは考えているが、同じようなものばかり作っている。

そういえば外食を全くしていない。

近所のカフェはどこも営業を開始しているから行ってみよう。

そして雨の日に窓から緑を眺めることは、この季節ならではの楽しみだ。

鉢植えにした青じそもイタリアンパセリも育ってきたなあ、どうやって食べようか、もうすぐバラが満開になる。

デッキに出て反対側の景色も楽しむ。

お向かいさんの屋根付き駐車場が完成したのね、夏のうちからストーブ用の薪もたくさん用意して冬に備えるのね、などとどうでもいいことをおもう。

「どうしてボクも呼んでくれなかったの?」

とギャビが憮然とした顔であらわれた。

今年は庭の手入れをしたのでとってもいいカンジ。

いつまで続くことやら。

Comments are closed.