Home > 未分類 > 自分の部屋の掃除

自分の部屋の掃除

9 月 16th, 2020

自室の掃除を丹念にした。

半年に一度は不要品を処分している。

もうこれ以上は減らせない、というところまで処分しているが、それでもまた増える。

想い出の品など恥と一緒にとっくに捨てた。

私は現世主義者で、今しかない人間だから、捨てたことを将来後悔することはない。

自室の丈の高い本棚ふたつも、地震で倒れてきたら危ないので、ここ2年の間に中身とともに泣く泣く捨てた。

地震があったとき、倒れてきた本棚の本に埋もれて亡くなった人がいるということを何かで知った。

それも決心の理由である。

どうしても捨てられない本は、丈の低い本棚に入れてお守り代わりにとってある。

もう読まないと分っていても処分できない。

あとまだ物置にとってある本も・・・ということも告白しよう。

他は何でも捨てられるし、捨てて後悔したものなどほとんどない。

着物だって、毛皮のコートだって、およばれ用のドレスだって、フェラガモの靴2足だってとっくに処分した。

洗濯機で洗えないものも、今は何一つ持っていない。

それでも本とモノは増えていく。

どうしたらいいのだろう。

Comments are closed.