Home > 未分類 > 明日は雪?

明日は雪?

1 月 11th, 2021

トシのせいか寒さが堪えるようになった。

朝、6時半頃、ギャビに起こされて外に出ると冷凍庫に入ったような気がする。

今朝はマイナス13度。きのうより1度低い。

それでも防寒着に身を包み、早足で30分程歩いて帰るころには汗ばむほどである。

何でも困難なことは最初大いに抵抗があるが、それに思い切り身を委ねてしまうと案外楽にすすむものである。

禅ではそのものとひとつになれというそうである。

暑ければ暑さとひとつになる、寒ければ寒さとひとつになる、痛ければ痛さとひとつになる、ということであろう。

無理難題を・・・それって無感覚になることでは?

禅詩も不思議だなあ。

階段に映る笹の影が揺れてそこを掃いても塵はそのままである、とか、月の光が池の面を穿いても水面は全く動かない・・とか。

「そんなこと当たり前じゃん、おかしなこじつけ!」と言ったら禅の熱心な信奉者にエラく怒られた。

フン!言外に何を読み取るかということだろうが、私はそれがわざとらしくてイヤなのだ。

☆     ☆     ☆

去年16歳で逝ってしまった近所の黒ラブ、モモちゃんのママとスーパーで立ち話をした。

「ひとりで散歩しても虚しくなるばかりなの。寒くてもギャビちゃんとの散歩の時間を大切にね」と言われた。

彼女は大病のあと、どんなに寒くても暑くてもキチンと身支度をして、モモちゃんと一緒にキリッと姿勢を正して歩いていた。

私が寝間着の上にコートを羽織って、寝ぼけまなこでギャビとズルズル歩いていた時に・・・・。大いに恥じた。

まるやち湖は固く凍り付き雪がうっすらと覆っていた。

逝ってしまったユーリにボールを投げてやるように、湖面の真ん中に向かって石を投げた。

鼻水と涙が一緒になった。

Comments are closed.