Home > 未分類 > 5月8日

5月8日

5 月 8th, 2022

待ちに待った5月の美しいときがやってきた。

一人で家の周りをうろついてみる。

いつ植えたものか定かではないガマズミが良い香りを放っている。

ひと枝折って胸のポケットに挿し、歩きながら存分にその香りを楽しむ。

見上げればクラブアップルの花と桂の若葉が重なり合って、ステキな空をつくっている。

足元には、はるか昔に植えたチューリップが思い出したように咲いていて、私の記憶を過去へと誘ってくれる。

あの頃は庭作りにも情熱を傾けていたなあ、それが今はどうだ、最低限のことしかやっていないなあ、と反省する。

日当たりの良い庭の片隅に、自然に生えてきた濃い紫色のスミレ。

山路来て何やらゆかしすみれ草

芭蕉の句だ。

明るい陽だまりに咲く「すみれぐさ」、さぞかしこの花に芭蕉も旅の疲れを癒やされたことであろう。

中学生のとき、「すみれぐさ」ではなく「すみれそう」の方がいいのではないかと言った、生意気で勉強のできる男子生徒と論争したことが思い出された。

「すみれぐさ」でなくてはならない。芭蕉の謂いもそれだ。

しゃがみこんでしばらく見入って(魅入って)いた。

立ち上がろうとしたら足が痺れていて後ろにひっくり返った。

八ヶ岳にはスミレが多く、当方の庭にも5種類のスミレが咲いている。

だから5月になるとこの花に会えるので嬉しい。

戻ると「どこへ行っていたの?」という顔をしてギャビが不満そうだった。

Comments are closed.