東京から2時間、名古屋から2時間半。八ヶ岳中央高原 原村へようこそ!

ペンション グリーングラスでのんびりとした休日はいかがですか?
森の散歩道や、渓流、白樺の林をぬけて薫る高原の風。
あふれる自然に人も犬もきっとリフレッシュできますよ。
長野県諏訪郡原村 中央道諏訪南ICより自動車で約10分
首都圏から一番近い”村”である原村のペンションです。
長野県諏訪郡原村17217-1682






我が家の犬や猫、お客さんの犬、八ヶ岳の自然などについての日記を綴っています。
1日1回、ブログランキングへ投票していただけると助かります。
(「人気ブログランキング」のバナーをクリック)
人気ブログランキングへ

6月6日

6 月 6th, 2022

中学生の孫は最近抹茶を点てることに凝っている。

そういえば彼女が3歳の時、ひな祭りに私がお茶を点てて飲ませた。

すると初めてにもかかわらず「おいしい」と言ってゴキゴク飲んだ。

それ以来時々お茶を点てて飲ませていたが、もう自分でやるという。

この日もみんなの分を点ててくれた。

なんでも教えれば子供だってできるようになるものだ。

大人は子供の成長の機会を奪っていることに気づくべきだ。

早く色々なことをさせてやればよかったと反省した。

「おちゃ」なんかにボクは全く興味ないよ。

草刈りに疲れて休んでいたら、どこからともなく漂ってくる甘い香り。

多分ミズキの大木の花だ。

木に咲く白い花の香りは疲れを癒すどころか、もう作業を止めてしまいたくなるほどだ。

というわけできょうの草刈りはオシマイ。

6月5日

6 月 5th, 2022

そら君が半年ぶりにまた来てくれました。

前回は寒い時だったけど、今回はまた違う季節を体験できたね。

9歳だからすっかり落ち着いていて、とても賢くゴールデンレトリバーの代表みたいなそら君です。

親愛の情の示し方も非常に紳士的!

イタリアングレイハウンドのルナちゃん。

最初見た時は仔犬だと思いました。

でももう立派な5歳の成犬です。

寒がりなのでいつも毛布に包まれてパパの膝にいます。

穏やかでローマ神話の月の女神のように静かな女の子でした。

名前の通りですね。

6月の花シベリアアヤメと、鳥が運んでくれた種から生まれたヴィーナスのような白い花。

これを心ゆくまで鑑賞できる幸せ!

どんなに美しく咲いていても衰退していくのね。

美は一瞬だけ。

そうであっても、来年もまた、という希望につながっていくので好きな花を持っていることは、長生きの秘訣でもあるなあ。

ということを昨今思い描きながら花を眺めています。

6月4日

6 月 4th, 2022

2頭のゴールデンレトリバーが来てくれました。

フタリは一緒に暮らしています。

ついつい2頭ではなく、フタリと言ってしまいたくなります。

それほどこの犬種は人間が好きで、人間らしいところを持っています。

でも、これほど純真無垢な人間なんていないと思うけど。

少しは人間も犬を見習ったらいい。(私も含めて)

ロジャー君

6歳のキリッとした男子です。

ダイちゃん

9歳の甘えん坊の男の子。

どちらも名前にピッタリの犬でした。

犬でも「名は体を表す」という言葉が当てはまるんだなあと思いました。

6月3日

6 月 3rd, 2022

原村は今レンゲツツジが咲き乱れている。

こんなに美しいのに木全体に毒があるそうだ。

キングサリにも毒がある。

キョウチクトウもだ。

どれもみんな美しい花だ。

毒のある植物は、子供のうちから教えておく必要がある。

ボクはミミズの乾物を食べたけど平気だったよ。

植物は笹か稲科のものしか食べないよ。

6月2日

6 月 2nd, 2022

昨日は池田町立美術館に行ってきた。

別名「北アルプス展望美術館」ともいう。

広大な丘に建てられた美術館は、敷地にも多大な価値がある。

美術作品は安曇野出身の郷土画家のものが大半を占めていたが、なんと現代アートも特別展として開催されていた。

友人二人は「現代アートはちょっと」と尻込みしたが、「そう言わずにまあ観てみましょう」と私が誘った。

— COSMOS 2022 —  DAIGO 現代アート展

『Cosmos』 三村大吾作

作者の生育史、解説、ビデオなどを見て、丁寧に鑑賞した。

その後常設の安曇の風景画もゆっくりと鑑賞した。

美術館を出て二人が同時に発した感想は、「風景画はつまらなかった、ほんのちょっと見方を教えてもらうと現代アートって面白いのね!」というものだった。

少し曇っていたけど北アルプスを望む眺望が素晴らしく、ピクニックエリアとしても最高だと思った。

平日ということもあり訪れる人はごくわずかだったが、駐車場に奈良ナンバーのクルマを見てみんなで喜んだ。

この情報化社会ゆえ、知る人ぞ知るということだろうか。

小川にクレソンが繁茂していていたので、持参の弁当に添えて食べたら非常に美味しかった。

信州の山猿と甲州の山猿は野蛮ねえ。

午前11時半に着いて、午後4時半までここで過ごした。

駐車場には私のクルマがポツンと一台だけだった。

信州の素晴らしさをまたまた発見した一日だった。