東京から2時間、名古屋から2時間半。八ヶ岳中央高原 原村へようこそ!

ペンション グリーングラスでのんびりとした休日はいかがですか?
森の散歩道や、渓流、白樺の林をぬけて薫る高原の風。
あふれる自然に人も犬もきっとリフレッシュできますよ。
長野県諏訪郡原村 中央道諏訪南ICより自動車で約10分
首都圏から一番近い”村”である原村のペンションです。
長野県諏訪郡原村17217-1682






我が家の犬や猫、お客さんの犬、八ヶ岳の自然などについての日記を綴っています。
1日1回、ブログランキングへ投票していただけると助かります。
(「人気ブログランキング」のバナーをクリック)
人気ブログランキングへ

レヴィン君

11 月 5th, 2018

パピヨンのレヴィン君がまた来てくれました。

美形のワンコです。

カメラを向けると、ぱっとこちらを見つめてくれ、耳も名前の通り蝶の羽のようにふんわりと開いてくれました。

おかあさんの撮った写真が入選したので、今回はその授賞式が八ケ岳倶楽部でありました。

その入賞作品を見せて頂いたのですが、新緑の中のレヴィン君が生き生きと写っている、それはステキな写真でした。

ああ、私ももっと上手に撮れたらいいのだけれど。

きょうのワンコ

11 月 5th, 2018

ケン君

穏やかで優しいチワワです。

トイ・プードルと並んでまだまだ根強い人気のチワワです。

飼い主さんは以前ミニチュアシュナウザーを飼っていましたが、亡くなってしまいました。

それからこの子が来て、飼い主さんの心を慰めてくれているようです。

☆        ☆        ☆        ☆

紀州犬の母娘が来てくれました。

お母さんの「トキ」

なかなか肝っ玉のすわった「女」とお見受けしました。

娘「チッチ」

甘えん坊で食いしん坊。

そんな顔をしています。

娘「スー」

気の弱そうな顔をしていますが、どうしてどうして、紀州犬が本領を発揮する猟にはこの子が一番向いているのだそうです。

10月のワンコと11月のワンコ

11 月 4th, 2018

腰痛に悩まされていることと、老人特有のものぐさが加わり、ワンコ日記をしばらく休んでおりました。

というわけでこれから順次紹介していきたいと思います。

振り向いているのは、盲導犬協会でPR犬として活躍し、盲導犬を2頭も産んだヴィラです。

右端は盲導犬の役目を立派に果たし、今はパピーのころお世話になったおとうさん、おかあさんのいる実家に帰ってきたアンドレ。

奥にいる黒い子は甲斐犬のネネちゃんです。

3頭仲良しです。

向かって左の白黒は保護犬のココタ。

孫にダッコされた右の写真は今年5月のもの。

5ヶ月でずいぶん大きくなりました。

ココタは非常に性格がよいので、犬とも人ともコミュニケーションとるのが上手です

ココタはさり気なくヴィラを遊びに誘います。

ヴィラはもう12歳なのでそれほど遊びたくはないのですが、ココタのところに寄っていきます。

そうこうしているうちにアンドレも来ました。

3頭でいい雰囲気です。

アンドレは盲導犬だったのであまり走ったことなどなかったのですが、当方のドッグランでココタに誘われて楽しそうに走っていました。

それを眺めた私たちは嬉しくなりました。

ココタ、ありがとうね!

他の犬と仲良くできないこの犬は、内心寂しいのかネエチャンに撫でてもらおうとすり寄るのですが、何か動画に夢中になっている彼女は、ギャビを手の甲でおざなりに撫でてやるだけ。

憮然するギャビ。

きょうのワンコ

10 月 26th, 2018

今年の4月に来てくれたロン君。

再び顔を見せてくれることなく、残念ながら15歳で亡くなってしまいました。

心臓の病気をもっていたのに、よく長生きしてくれたねえ。

ありがとう。

後に縁あって来てくれたボクちゃん。男の子です。

飼い主さんの娘さんが犬の保護活動をしていて、そんな関係からロン君を亡くした傷心のおかあさんの元へやってきたのです。

ロン君よりちょっと大きいのですが、よく似ています。

とても甘えん坊で、おかあさんがいないと大変です。

よかったね、ボク。

いいところに引き取られて、幸せそうにしています。

ボクちゃんはケージに入って、おかあさんと一緒に小海線の列車の旅を楽しんできました。

とっても良い子にしていたそうです。

朝日がまぶしいボク。

端正な顔をしています。

きょうのワンコ

10 月 23rd, 2018

カイ君

凛々しい柴犬です。

でも人懐っこくて「カイちゃん!」と呼べばすぐ寄って来て甘えてくれます。

私は犬の後ろ姿が好きなので、かわいいカイ君のお尻を撮ろうとしたら、いち早く感づかれキッと睨まれてしまいました。

やっぱり賢い!