Home > 未分類 > バルが来た

バルが来た

5 月 13th, 2017

オイラ久しぶりにこの世にやってきたけど、ずいぶん様変わりしたなあ。

みんなどうして何でもかんでも写真に撮るんだあ?

風景、人間、動物、レストランでの皿の数々。

まるでレンズを通してでないと、その存在を確認できないようじゃないか。

自分の記憶力に自信がないんだな。

ちゃんと見なくていいのかい?

それとも写真の方が現実なのかい?

オイラには写真を撮ることによって、自分の歴史というか、ささやかな人生を、記録の中につなぎ止めているようにしか見えないなあ。

そんなんじゃないわよ。

聞いた話なんだけどね、撮った写真を元にSNSに投稿するんだって。

写真はひとつの素材にすぎないのよ。

写真を使って何らかの創造や構成を試みているのね。

年寄りが“自分史”をつくるようなもんじゃない?

ふ〜ん、誰にでも表現欲求があるんだなあ。

オイラに言わせりゃあ“承認欲求”みたいなもんだと思うけどね。

バルちゃんはどうしてそんなに意地悪なの!

Comments are closed.