Home > 未分類 > 逝ってしまったCOBE(コビー)

逝ってしまったCOBE(コビー)

5 月 18th, 2017

仔犬のときから来てくれていた、アメリカンコッカースパニエルのCOBEちゃんが急に逝ってしまいました。

15歳と9ヶ月の長命でしたが残念でなりません。

これは去年の夏の写真です。

大好きなお姉さんに抱かれてゴキゲン、かつ穏やかな顔をしています。

COBEちゃんはとっても神経質な犬で、他の犬ともうまくいっていませんでした。(当方のギャビと同じ)

それが2011年に、先住犬であったフラットコーテッドのビーディーが逝ってしまってからすっかり“まるく”なりました。

オネエちゃん犬のビーディーに対抗意識を燃やしたり、甘えたり守られたりしていた関係でした。

それがいなくなってしまい、すっかり心細くなったのでしょう。

誰彼となく甘えるようになってしまいました。

食堂にも連れて来てもらえるようになったし、他の犬ともそれほど仲良くではないけど、まあまあの状態でいることができるようになりました。

今年の夏もまた会えることを楽しみにしていたのですが、残念です。

去年の8月ですから15歳になったばかりのときですね。

一緒に住んでいたお姉さんは結婚してしまったので、久しぶりにこうして抱かれたCOBEちゃんは幸せそのものでした。

もちろんお姉さんも。この最高の笑顔によく出ています。

COBEちゃんあなたのことはいつまでも忘れないよ。

いろんな思い出をありがとう!

Comments are closed.