Home > 未分類 > 雨とバラとラッキョウ

雨とバラとラッキョウ

6 月 23rd, 2018

きょうも雨。

濡れた緑に映えるバラが美しい。

何の手入れもしないのに毎年花を咲かせてくれる「ノックアウト」。

名前のとおり、叩かれても叩かれても起き上がってくる頼もしいヤツだ。

エレガントさには欠けるけど、当方にはこれが一番!

農薬知らずのバラなんてそうそうあるものではないけど、種類を選べば必ずある。

当方のバラの何種類かは農薬散布などしたことがないけど、有機肥料を施しているので逞しく丈夫に育っている。

少しくらいは虫に喰わせてやってもいいと思っている。

市販品の、値段が高くて甘すぎるラッキョウを買わないでいたが、きのうスーパーマーケットに売っていた、鳥取産の砂付きラッキョウを税込み1キロ1080円で買ってきた。

数年ぶりでラッキョウを漬けることにした。

肝心なのはつけ汁である。

和風ピクルスであるから簡単なのだが、インターネットでどのレシピを見ても砂糖が多すぎる。

そこで自分好みに作ることにした。

ラッキョウを洗い、ヘタと先端を切り落とし再度水洗いして薄皮も取る。

水気を切っている間につけ汁を作る。

味見しながら行き着いた私の分量は、ラッキョウ1キロに対して水250cc、酢300cc、砂糖160グラム、塩大さじ3杯、唐辛子数本というものである。

でもこれはおおざっぱな分量。

水気を拭いたラッキョウを瓶に入れておく。

自分の舌で味を確かめたこの溶液を火にかけて沸騰させ、そのままラッキョウに注ぐ。

これでオシマイ。

一番退屈な作業はラッキョウのヘタと先端の切り落としである。

ペティナイフをよく研いで昼のテレビニュースを聴きながらやった。

お陰で部屋中ラッキョウの匂いが満ち満ちた。

この匂いに閉口したギャビが網戸のところに非難した。

Comments are closed.