Home > 未分類 > 逝ってしまったドロシー

逝ってしまったドロシー

9 月 17th, 2020

ドロシーの飼い主さんがお二人で来て下さいました。

センチメンタルジャーニーということで。

そう、美犬ドロシーは今年の1月にとうとう逝ってしまいました。

16歳と9ヶ月の長寿でした。

最期は眠るように天国へ、だったそうです。

保護犬で、最初の頃はいつも尻尾が脚の間に入っていて、決して眼を合わせてくれませんでしたが、そのうち堂々とした立派な犬になりました。

上の写真は堂々としてきた9歳の頃。

下の写真は2018年9月の15歳の時のものです。とても15歳には見えません。

限りある命と分っていても、またどんなに長生きしたといっても、愛する犬との別れは辛く悲しいものです。

ドロシー、一緒に歩いたねえ。

楽しい思い出をたくさん作ってくれてありがとう。

今もあの端正な姿が眼に浮かびます。

さようなら、ドロシー。安らかに。

Comments are closed.