Home > 未分類 > 6月15日

6月15日

6 月 15th, 2022

6月も半ばだというのに肌寒い。

コタツに入って所在なく過ごしている。

緑の葉が幾重にも重なり合う暗い部分を眺めていたら、ふとこの冬の寒さを思い出した。

あの寒さの中で私は、このような春や夏が来ることを信じられたであろうか。

もちろん冬の後には春が来ることを私はちゃんと知っていた。

しかし私にはそのことが信じられなかった。

「知」と「信」は同一の軌にはない。

滑って転んだ時、激烈な痛みの中、見渡す限りの雪と氷の世界にうずくまりながら、私は永遠に冬は終わらないと感じた。

あと1ヶ月半もしたら春が来るなんて信じられなかった。

でもこのままでは絶望しかない。

盲目的な信は愚にもつながる。

しかし冬の後には春が来るという自明の理を信じることにしよう、という思いにやっと至りなんとか家に辿り着いた。

今こうして美しい6月を享受しているが、火の気が欲しくなるとあの日のことを思い出す。

まだ腰は完全に治っていないが私はそれでもいいと思っている。

痛みが出るたびに、降りしきる雪の中でうずくまって、色々真剣に考えた2月10日のことを忘れないようにしようと思う。

Comments are closed.